眼底三次元画像解析 アクセス お問い合わせ
医療法人 慈眼会 こうづか眼科
院訓 医師・職員の紹介 診療のご案内 施設のご案内 眼の病気について 手術・入院のご案内
医師・職員の紹介
photo 理事長・医学博士
高塚 忠宏

日本眼科学会認定 眼科専門医
日本眼科学会、日本眼科手術学会
日本網膜硝子体学会 会員
American Academy of Ophthalmology 会員
前 虎の門病院 眼科部長
前 慶応義塾大学 医学部 客員助教授

医療方針
EBM(Evidence Based Medicine)を行い、患者さまの、良質の医療を受ける権利、選択の自由の権利、情報を得る権利等を損ねる事が無いよう診療を行います。
 子供の頃、亡父(武次)が大宮赤十字(現 さいたま赤十字)病院に勤務しながら、安い給料を補うため、自宅の離れで夜間ならびに休日診療を行っておりました。第二次大戦終戦後のことで、メチルで視神経障害を起こされた方が、離れの診療所と間違えて母屋のガラス戸にぶつかる光景を幾度となく経験しました。子供心に「目が見えないことは大変なことなんだ」と感じ、更に「春夏秋冬と移り変わる四季の変化を見ることができないのは、気の毒だ」と考えるようになりました。そんな訳で、小学生の頃から、親に言われる迄も無く「自分は眼医者になり、視覚障害者を助ける」と心に決め、医者に成りました。
 平成16年3月迄は、網膜剥離、増殖性硝子体網膜症、糖尿病網膜症等の網膜硝子体疾患の手術治療を中心に、虎の門病院で働き、2000件を超える、網膜・硝子体手術を経験致しました。
 これからは、今迄の経験を生かし、私の生まれ育った地域の方々に、少しでもお役に立てるような眼科医として、邁進いたすつもりです。
非常勤医師
photo 持丸 博史 略歴
平成15年 慶応義塾大学医学部卒業
平成21年 慶応義塾大学医学部外科系大学院卒業
けいゆう病院勤務、慶応義塾大学眼科学教室勤務を経て平成26年よりJCHO埼玉メデイカルセンター眼科部長

当院では手術症例を担当
photo 山崎 梨沙 略歴
平成21年 広島大学医学部卒業
独立行政法人国立病院機構東京医療センター
慶応義塾大学医学部眼科学教室を経て
平成26年より 慶応義塾大学大学院
医学研究科博士課程 入学
職員の紹介

 当院では患者様に対して、安全かつ正確な医療行為が提供出来るように人員を配置しております。
 視力検査ほかの全ての検査、検査前後の点眼および洗眼などの処置を、視能訓練士が行います。FA検査は、医師・視能訓練士・看護師がチームを組んで行います。更に、採血その他の処置、手術時の介助、手術患者様の看護は看護師が行います。当直業務従事者は正看護師です。
 このように、有資格者が検査ならびに看護に従事しております。

常勤医 非常勤医 視能訓練士
(常勤)
視能訓練士
(非常勤)
看護師
(常勤)
看護師
(非常勤)
1名 2名 4名 1名 3名 7名
管理栄養士
(非常勤)
事務長 医療事務 看護助手
1名 1名 3名 1名


ページのトップへ